精神疾患】【不安障害
【発達障害】【人格障害
パーソナリティ障害
異常性癖】【依存症
抗精神病薬・心のお薬
恐怖症】【精神疾患・心理学用語集



■ 『精神疾患解析』とは?

さまざまなメンタルヘルスに関してのサイトです。現代に於ける「精神病」や「精神疾患」など、「精神疾患や不安症などの正体」。それらを、各用語の概要や身近なケースをもとに読み進めながら触れ、精神疾患に関わる知識や理解のお手伝いをさせていただくことがテーマです。

 

また、「各ページに書かれた症状にあてはまる」「用語集にある傾向がみられるので精神疾患である」という判断をする目的・用途のサイトではありません。精神疾患について、「その症状によって日常生活や社会生活に支障をきたしている」というのが疾患か否かのラインというのは、現役精神科医から直接ご教授頂いた解釈です。そして、精神疾患と診断することができるのは医師です。当サイトは、精神疾患に関わる用語や異常性癖や恐怖症などの傾向、それによっておこる症状などの内容に触れ、各概要の理解に繋がるきっかけを目的としたものです。



■ うつ、不安障害、神経症、精神病の関連性

例えば、「パニック発作」について調べようとした場合、必ずといっていいほど「不安障害」というフレーズを目にします。そしてさらに「不安障害」を掘り下げて行くと「うつ病」という項目を目にする事でしょう。

調べて行くうちにどんどん新しい概念や症状名が次から次へと出てきます。そのうち精神疾患の調べものの迷子になってしまい、出口も目的も結局わからなくなるというのは何だかもったいない話です。

しかし、精神疾患とはそれくらい複雑な判定基準や疾患の種類を纏っている概念でもあります。何しろ人間の心の揺れや精神のエラーに対し、「基準を設けた上で正常か異常か」を判断する訳ですから、もうたいへんです。更に、その判断や基準、「なんとなくそれはまともでそいつはアウト」という感覚も時代により変化します。

当サイトは、「精神疾患や不安症などの正体」の理解を深めることを目的としています。

完結していなかったり、まだ白紙のページもあります。気長にお付き合いくださると幸いです。(最終更新日 2021年6月26日)

■ 罹患者の体験

実体サンプルや実体験を元に、「ノンフィクション」を基礎とした読み物として更新していきます。ある時は「数人の実体サンプルのケース」を追って疾患の内容を説明します。ある時は「罹患者」の自問自答の世界に踏み入った精神状態を晒します。ある時は“用語集”として、来訪者さまのお役に立てればと思います。

 

> うつ病 : ケース1  受診から診断まで

> パニック障害 : ケース1 罹患者の体験談  

> 依存症 : ケース1 依存症から中毒者へ、寛解に至るまで

 

リアルな体験や対峙を徹底的に掘り下げた上で、一般的解釈の浸透と、偏見や一方的な差別思考が少しでも減れば良いな、と、ちょっと背伸びした目的もあります。どうかそのあたりをフランクにでも御理解いただき、楽しみながら読んでいただけたら幸いです。

【関連コンテンツ】