うつ病をはじめとした「精神疾患」
 
現代ではこの様にカテゴライズされています。
 
現代ではなかったらどうだったのでしょう?
 
「狐に憑かれた」
 
「魔女だ!」
 
などなど、様々です。
中世の欧州あたりでは「魔女狩り」なんていった事が実際にあったとか無かったとか。もしかしたら、その魔女らは、現代であったら服薬、通院などのおおよそ一般的な扱いであったのかもしれません。
 
さて、主題にもどります。
精神疾患の事を少しでも調べようものなら、必ず「脳内神経伝達物質」の分泌がどうこう、とのくだりを目にする事でしょう。ここではその「脳内神経伝達物質」が何なのかについて綴ります。
 
簡単に説明されたら、現時点まで解明に努めた科学者や医学者さまに対し、失礼にあたるのかもわかりませんが、あくまでブログなので、とてもシンプルに。先に付け加えておきますと、「精神疾患の原因が脳内神経伝達物質の異常によるものである可能性が高い」というのが現状で、完全に解明されてはいません。
 
 
 
> NEXT セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン

> 最初から読む