■ネガティブな想像の暴走が制御不能
 
「電話が鳴った時」良い報せをまず思い浮かべる事が多いか、残念な報せを思い浮かべるか。
反射的にどっちか。というチェックです。
 
 
結果はいわずもがなですが、「うつ傾向」以上の人間の選択は、必ずと言っていい程「後者」です。
私も「後者」です。基本的に電話が鳴ると、「嫌な想像や残念な予測」が光の早さで頭をよぎります。
 
「ふとしたアクション」に対し、「反射的にネガティブになるか否か」という事です。
そうだったらうつ病寄りだ、という程乱暴なものではございませんが、あくまで傾向として
如実にみられる一つの「事実」です。
 
そして、この「想像や予測、憶測がどれだけネガティブか」というところがK点超えすると「想像の病」
ひいては精神疾患、鬱病レベルになるのでしょうが、そこを全面的に受け止めてしまうと、
「うつ病は気の持ちようでなんとかなる」という完全否定すべき概念を肯定する事になってしまいます。
 
 
「ネガティブな想像の暴走が制御不能」
「ファンタジーなお花畑思考が止まらない」
「サイケデリックな不思議気分が朝イチから。これが基本。」
 
 
これくらいのレベルの事を言っていたとすれば、確かに「想像の病」です。
それは、気の持ちようでどうにかするのは無理だとおもいます。
脳内神経伝達物質のブレンド比は、激しく狂っているのかもしれません。
少なくとも、薬物やらの治療ではないと効果が望めないクラスかもしれません。
 
という訳で、「想像の病」という捉え方は一理あり、ファンタスティックだ。
というお話です。
 
 
次は、ごく最近知人が放った言葉で「刺さった」ものを挙げます。
それは、
 
 
「うつ病の問題は、9割方お金でどうにかなるんだよね」
 
 
という横殴りの暴言です。

> 次の記事へ     > うつ病Top



> 精神疾患解析トップページへ