【ローカス・オブ・コントロールとは】

■ローカス・オブ・コントロール

【locus of control:ローカス・オブ・コントロール】
 
何がそれの原因かと認識する事。自分の行動や結果の原因・統制の所在。それらが外的な要因か内的な要因かという認知様式。
 
例えば、何かがあった時に「自分のせい、自分が引き起こした」と認識するのが内的統制者(internal locus of control)。逆に、「人のせい、環境のせい、境遇のせい」と認識するのが外的統制者(external locus of control)の考え方。
 
 
【関連用語】
・外的統制者、内的統制者、認知様式

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ