【ロボトミーとは】

■ロボトミー

【lobotomy:ロボトミー】
 
重度の精神疾患患者に対してなど、脳の前頭葉に外科的施術を加え、症状の改善をはかるもの。戦後は精神分裂症患者に対して普通に行われていたという記録がある。
 
前頭葉切除という非可逆的(基本的に元にはもどらない)な治療行為がもたらす結果に「人格変化・自発性の低下・抑制の欠如・衝動性・人格崩壊」などの一部致命的なものを含む副作用がみられた事から、ロボトミーは現代ではほぼおこなわれない。非常に危ない治療行為。
 
 
【関連用語】
・自発性の低下、人格崩壊、多幸感、チングレクトミー手術

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ