【多幸症とは】

■マキャヴェリズム

【machiavellianism:マキャヴェリズム】
 
目的の為にはどんな非道徳な事であっても手段を選ばずに遂行する事。ルネサンス期の政治思想家ニッコロ・マキャヴェッリの著書『君主論』の内容に由来する。
 
他者を欺いたり、利用したり、嘘を方便としたりして冷淡に着々と事を進める事から、サイコパスや外罰的なパーソナリティを持つ人間にマキャヴェリズムが表れる事が多い。
 
 
【関連用語】
・サイコパス、外罰的、ニッコロ・マキャヴェッリ

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ