【ナルコレプシーとは】


 

■ナルコレプシー

【Narcolepcy:ナルコレプシー】
 
数分以上続く睡眠発作。過眠症。
状況に関わらず、本人の意思とは無関係に突然眠ってしまう症状。
レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えに異常をきたしている事が起因の病気と言われています。
 
また、うつ病などの精神疾患との併発も多くみられます。
神経ペプチドの一つ『オレキシン』の慢性的な不足が原因という見方が強いが
根本的な原因は判っていません。
 
この「ナルコレプシー」の症状を装って、抗精神薬「リタリン」の処方を促す為
このナルコレプシーを装うという、ある種の「手口」があった程、その症状は即時性を伴うものです。
(リタリンはアッパーになりやすくて有名な精神薬。現在、病院での処方はない)
 
【関連用語】
・眠り病 ・過眠症 ・リタリン ・うつ病 ・脱力発作 ・入眠幻覚
 

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ