【エクスポージャーとは】

■エクスポージャー

【exposure:エクスポージャー】
 
曝露すること。精神療法や心理療法の分野では、トラウマの対象や場面に少しずつ慣らしていき、
段階的にそれを克服するというもの。エクスポージャーは「曝露法」とも呼ぶ。
 
不安や恐怖の対象から回避させず、直面させて慣らす。という少々荒治療ではありますが、
基本概念として、「少しずつ」なので、積極的に臨床で使われる効果的な療法です。
 
たとえば、パニック発作に苦しんでいる人がいるとしましょう。
彼は、電車に乗ると決まってパニック発作にみまわれてしまいます。
そこで、その発症契機である「電車」にあえて少しずつ乗って慣らします。
この場合は、各駅停車に乗って1駅づつ降り、慣れて来たら準急、快速という順に段階を踏みます。
 
トラウマとなってしまったシチュエーションに対し、あえてリアルな体験に身を曝させる事
(エクスポージャー)で、過敏にネガティヴ反応をする体質になってしまった認知を再度改め
恐怖に慣れていく、というものです。
 
また、逆に最初からマックスの刺激やシチュエーションに曝す方法を「フラッディング」といいます。
これぞ荒治療。
 
【関連用語】
・曝露療法 ・エクスポージャー法 ・段階的曝露 ・パニック障害 ・トラウマ


【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

> 精神疾患解析トップページへ