【アドレナリンとは】

■アドレナリン

【adrenaline:アドレナリン】
 
緊張や興奮を引き起こす刺激により副腎髄質から分泌されるホルモンの事。また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。
 
血管の収縮、心拍数の増加、血圧の上昇など、アッパーな作用がある。エピネフリンとも呼ばれる。
 
【関連用語】
アドレナリン、エピネフリン、神経伝達物質、ホルモン

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ