ここでは「パニック障害」「パニック発作」と現在呼ばれている事象に関して長々と述べます。
 


最終的に、医学的、学術的分野とは異なる「パニック症の解析」をもって結論とさせる事を目的とします。
 
皆様の理解が深まれる事を目的とした「読み物」の公表である事に対し、御理解頂ける事を望んでおります。
 
とある「パニック障害、パニック発作経験者、罹患者」のリアルな経験をもとにした読み物をもって、その正体を追っていくだけのものです。
&nbsp
このテーマに関しまして、ハッキリとリアリティのある体験談を元に「不安障害」「不安神経症」「パニック障害の何たるか」につきまして白黒ハッキリ解析していこうかと思います。
 
類似と表現しては語弊が懸念されますが、「てんかん」や「癇癪」、「ヒステリー性の神経発作」等、カテゴライズのルールを私はハッキリと区分出来ません。又、区分するべく定義づけが確立されている機関に対し、仄かな疑問を抱いております。
 
さて、この不透明で恐ろしい「神経症」「精神疾患」につきまして、体験者の恐ろしい体験とその後の精神性の移り変わりとでも申しましょうか、凄まじくもわかり難い「経験」が後の人格形成までに及ぼす影響力を、なるべくキャッチーに記します。
 
彼が14歳の頃、「パニック発作」を体験した話のダイジェストから記していきます。
 
 
それはリラックスした彼が寝そべって、漫画「ブラックジャック」を読んでいた時の突然の出来事でした。
 
 

 > NEXT