【廃人学校とは】


■廃人学校

【ハイジンガッコウ:廃人学校】
 
1872年(明治5年)に制定された「学制」第21章の中で「其外廃人学校アルヘシ」と規定されていました。
 
この「廃人学校」という規定自体には説明がされていませんでした。当時、「学制」の草案を書き起こす為に参照とした、欧米教育制度の「盲院」や「聾啞院」などにならい、障害者教育施設をあくまで総括的に「廃人学校」と表現されたのではないかと考えられています。
 
故に、「廃人学校」という名称の教育施設が存在したという事は確認されていません。文部省年報に盲啞院を「廃人学校」として記載した例がありましたが、1879年の学制改正とともに、「廃人学校」の規定は消えました。
 
要するに「廃人学校」という学校は存在しません。一時、規定としてそう呼ばれていたという事です。
 
※学制
明治5年8月2日(1872年9月4日)に太政官より発された、日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令。教育令(明治12年太政官布告第40号)の公布により、1879年(明治12年)9月29日に廃止。
(wikipediaより抜粋)
 
【関連用語】
・盲院 ・学制 ・小学校令 ・楽善会訓盲啞院


【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ