【汚言症とは】



 

■汚言症

【coprolalia:汚言症】

意識的には発する事が制御されている汚い言葉、罵りの言葉、卑猥な言葉がコントロールを失って発せられる症状。自分で「声にして発してはいけない」とわかっていても出てしまう症状。トゥレット症候群、チックと合併して起こる事が多い。

【関連用語】
・チック ・トゥレット症候群、



【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行



> 精神疾患解析トップページへ