【精神疾患・精神病・心理学についてよく使われる用語集】

■精神疾患、精神病、心理学、心身障害、神経症、メンタルヘルスなどに関する用語集です。「各ページに書かれた症状にあてはまる、用語集にある傾向がみられる」ということから「精神疾患である」と判断する目的・用途のページではありません。あくまで、精神疾患や心理学に関わる用語や傾向、症状などの概要に触れ、各症状・事例の理解に繋がるきっかけとなることを目的としたものです。

※過去の文献を参照し記述したものもあるため、現在では一般的に使用されない用語も含まれます。また、各概要の文中には、現代においては不適切と判断される単語が含まれていることもありますが、差別的な意図での記述ではないことをご理解いただけると幸いです。

PR




【ア行】

悪癖

アスペルガー障害

アドレナリン

アノミー

アパシー

アメンチア

アミニズム

アミタール面接

アンビバレンス

閾下(いきか)

異常性癖

異常心理学

依存不安

エクスポージャー

エゴグラム

エゴ・ストレングス

エディプス・コンプレックス

オーバーコレクション

汚言症

オペラント条件付け

オルガズム障害

 

【カ行】

外罰型

快楽説

かんしゃく(癇癪)

学習障害

感覚性失語症

隔離性白呆

解体型統合失調症

カウンセリング

拡散的思考

学習性無力感

確証バイアス

カクテルパーティー効果

カタルシス

学校恐怖症

仮面うつ病

感情失禁

希死念虜

帰属意識

虚言癖

クレスピ効果

軽躁状態



【サ行】

実験神経症

罪業妄想

自傷癖

失書症

失声症

疾病恐怖

催吐剤

催眠性トランス

錯語

自己決定感

自己臭症

循環気質

自閉

自閉性脳障害

情緒障害

心拍行為

絶対的精神薄弱

詮索症(穿さく症)

早発痴呆(早発性痴呆)

造語症

【タ行】

対人葛藤

対人恐怖

多重人格障害

退却神経症

代償行動

中毒性精神病

致死遺伝子

多幸症

知的障害

チック

超自我

超心理学

重複障害児

DSM

道徳的不安




【ナ行】

ねこなき病

内因性精神病

内罰型

内閉性性格

ネフォビア

ネガティビティバイアス

ナルコレプシー

【ハ行】

ハーディネス

廃人学校

破瓜病

憑依妄想

舞踏病

プシケ

浮遊性不安

フラッシュバルブ記憶

分離脳

変性意識状態




【マ行】

 

マイナートランキライザー

マキャヴェリズム

マッキントッシュ

マム効果

満足の遅延

無力性体質

メンタルリハーサル

妄想知覚

モーダル・パーソナリティ

【ヤ行】

予期不安

欲動障害

幼児分裂症

要素幻覚

矢田部ギルフォード性格検査(YG性格検査)

【ラ行】

来談者中心療法

ラポール

離人症

離島性仮性知的障害

リソースルーム

理学療法士

リズム障害

ルーレッグ法

レノックス・ガストー症候群

レディネス

レスポンデント条件付け

ローカス・オブ・コントロール

ロゴセラピー

ロボトミー

 

【ワ行】

ワッセルマン反応





> 精神疾患解析トップページへ<