【離島性仮性知的障害とは】

■離島性仮性知的障害

【りとうせいかせいちてきしょうがい】
 
離島や僻地における精神医学調査により、それらの地域の児童は平均IQは低いとされる調査結果がある。広島大学の武村一郎らによる1965年の研究では、瀬戸内海の人口7千人の島の小学生152人に対しておこなった調査結果は、男子の平均IQは92、女子の平均IQは80であった。環境的な因子による面が多いとされる。
 
【関連用語】
・離島性仮性精神薄弱 ・仮性精神薄弱 ・隔離性白痴 

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ