【レノックス・ガストー症候群とは】

■レノックス・ガストー症候群

【Lennox-Gastaut Syndrome:レノックス・ガストー症候群】
 
難治性癲癇を主な症状とするてんかん症候群。小児期に発生する。名前の由来は、アメリカの神経学者ウィリアム・G・レノックス(William G. Lennox)とフランスの学者アンリ・ガストー(Henri Gastaut)。
 
【関連用語】
・レノックス症候群 ・臨床上強直発作 ・非定型欠神発作 

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ