【知的障害とは】


■知的障害

【intellectual disability:知的障害】
 
発達期に生じた知的機能の障害。
精神遅滞、精神発達遅滞、精神薄弱など様々な言い方があります。
 
平均的、一般的な知的行動(計算や読み書き、会話など)に支障がある事が
定義のラインです。
 
一般的には「知的障害」「知的発達障害」「知的発達遅滞」などに
「軽度〜重度」という程度を加え呼称し、医学的には「精神遅滞」や「精神発達遅滞」
などと呼びます。
 
古くから最近のスラングまででは、白痴、痴愚、魯鈍、軽愚、キチガイ(気違い)、池沼
など、差別感が含まれる事から、放送禁止用語に指定される呼称もあります。
昔は「知恵おくれ」と呼称される事もありました。

 

【関連用語】
・発達障害 ・自閉症 ・学習障害 ・白痴 ・ロボトミー

【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


> 精神疾患解析トップページへ