■異常性癖 用語解説:ビースティアルサディズム
対象への「加虐」が必須条件。


【Bestialsadism:ビースティアルサディズム】
 
・動物に対する加虐によって性的興奮を得る人間。ネコやイヌやハトやカエルなど、身近な動物をターゲットにして、ボウガンで射ったり、解剖をしたり、爆竹で内部破壊したりする行為はこれにあたる。
 
予備軍を含めると、この性癖を持つ人間は意外と多い。この性的倒錯がエスカレートすると対象は人間へと向けられ、猟奇的な犯罪へと発展される可能性が高い。社会的危険度の高い性癖。特徴として、生まれつきの性質(サディスト傾向)であり、性的倒錯としては幼少期にこの性癖の基礎が出来上がるという点が挙げられる。逆に言うと、成人してからこの性癖に目覚めるといったケースはほとんどみられない。
 
 
 
 
> ビースティアルサディズム診断

> 異常性癖一覧に戻る


【その他用語を調べる】

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行



> 精神疾患解析トップページへ