【スルピリド:sulpiride】

 
■ 商品名(同様の効果のお薬)
・ドグマチール:dogmatyl
・ドブレン:DOBREN 
・アビリット:abilit
・ピリカップル:pyrikappl 
・マーゲノール:margenol
・ミラドール:miradol

『スルピリド:ドグマチール』とは

 
もともとは胃潰瘍の薬として開発されたが、少量で抗うつ作用、高用量では抗精神病作用を有する変わったお薬。抗うつ薬、抗不安薬としては即効性があり、ゆるやかな効果が得られます。
 
低用量では前シナプスのドーパミンD2自己受容体を阻害して、高用量では後シナプスのD2受容体を阻害するため、このような効果が現れるとされています。
 

効果・用量例

 
・「胃・十二指腸潰瘍薬」:1日150mgの分服
・「抗うつ剤」「抗不安剤」:1日150mg〜600mgの分服
・「統合失調症」:1日300mg〜600mgの分服
 
*用量はあくまで目安となります
 


 

副作用

 
・女性の場合は月経不順、乳汁分泌
・男性の場合は性欲減退
・錐体外路症状、高プロラクチン血症
 
といった症状がみられる事があります。
 

備考

 
・頓服で効果がみられます。
・胃腸の調子が良くなるので、お腹が空きます。
・一昔前はうつの初期症状で比較的高い頻度で処方されましたが、現在では積極的に処方される事は多くありません。
・ジェネリック医薬品名「ドブレン:DOBREN」
 
*効果・副作用には個人差があります。用法・用量を厳守した上での服用とし、上記はあくまでお薬に対する参考知識としてお役立ち頂けるようお願い致します。
 
【その他お薬を調べる】

> 精神疾患解析トップページへ